Emergency Rental Assistance Japanese

Release date: 10/01/2021
Sponsored by: County Administrative Office

条例により、60日間の賃貸人保護を90日間に延長

 

2021921日(火)、ワシントン郡委員会は、上院法案278号(2021年)の60日間の借主保護期間を90日間に延長する緊急条例880号を全会一致で採択しました。即日発効です。

 

郡の条例が採用されたことにより、借主が家主に賃貸支援の申請書の証明を示した後、借主は60日間ではなく90日間の立ち退き防止措置を受けることができるようになりました。申し込みが完了すると、入居者には申し込みを受け付けた旨の通知が届きます。賃借人は、この確認書を家主と共有することで、ワシントン郡の非法人区域に住んでいる場合はさらに90日間、その他の郡の法人区域に住んでいる場合は60日間、家賃未払いによる立ち退きから保護されます。

 

管轄区域の境界を理解するために、郡のスタッフは90日間の延長の資格を確認するための地図を作成する予定です。このページを定期的にチェックして、地図製作特集にアクセスして下さい。

 

郡政委員会議長のキャサリン・ハリントン委員長は、「今回のパンデミックは、地域社会の健康だけでなく、経済的にも脅威となっており、その両方の影響は何世代にもわたって歴史的に充分なサービスを受けられなかった人々にも及んでいます。」と述べています。「ワシントン郡では、賃貸住宅の40%が法人化されていない地域であることがわかっています。州法で認められているこの延長された一時禁止令により、地域の何千人もの人々が家にとどまるチャンスを得ることができ、また、地域経済が必要な雇用を回復し、他の収入源を見つけるための時間を提供することができます。」とも述べています。

 

8月、連邦最高裁判所は、米国疾病対策センター(CDC)と予防のために実施された連邦政府の立ち退き一時禁止令延長措置を取り消し、ワシントン郡の一部の賃貸人は立ち退きの可能性に直面することになりました。その他の課題としては、州や郡レベルでの申請書が支払いまでに滞っていること、申請者数を処理する能力、パンデミックで浮き彫りになった人種間の格差などが挙げられます。

 

ワシントン郡の地域活動団体は、文化的に特化した機関や公衆衛生の接触者追跡調査スタッフと協力して、申請を処理しています。このような取り組みをさらに拡大していくことが検討されています。緊急時の家賃補助やその他の情報については、www.co.washington.or.us/Housing/ 又は、オンラインで2-1-1 www.211info.org または2-1-1にお電話ください。

 

この条例を採択するにあたり、郡政委員会は地元の保健当局ではなく、郡の委員会として行動しました。したがって、この条例は郡の非法人地域にのみ適用されます。都市は、法人化された地域の住民を保護するために、同様の条例を採択することができます。

 

郡民の皆様には、緊急賃貸支援プログラムへの応募をお勧めします。緊急時の家賃補助の申請方法については、以下のリンクを参照してください。

https://www.co.washington.or.us/Housing/COVID-19/index.cfm または地域活動団体のウェブページで、緊急賃貸支援申請書の提出の支援を受けることができます。https://caowash.org/programs/housing-stability/renter-support.html

 

Media Contact:

Silvia Pereida, Public Affairs and Communications Coordinator

Silvia_Pereida@co.washington.or.us